ノロウイルスの感染報告者数が、
21都道府県で、警報レベルを超えて、

過去に一番流行した2006年に迫る勢いで拡大しています。

ウイルスの変異により、従来の検査キットでは検出されてないケースも出てきているようです。
ノロウイルスの症状がある人は要注意です。

感染性胃腸炎、過去最悪に迫る大流行…遺伝子変異型ウイルス広がる

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が増え続け、1医療機関当たりの患者数が20・89人に達し、警報レベルの20人を超えた。現在の集計法になった1999年以降では、2006年に迫る大流行になっている。

遺伝子が変化したタイプ(変異型)のウイルスが広がったとみられる。厚生労働省は改めて食中毒などに注意するよう呼びかけている。

国立感染症研究所によると、過去最高は06年12月に記録した22・81人。感染研が全国の小児科約3000か所からの報告をまとめた定点調査によると、直近の1週間(12月12~18日)では、21都府県で警報レベルを超えた。

山形の47・27人が最も多く、宮城34・08人、埼玉31・66人、宮崎30人、富山29・24人が続いた。関東地方ではほかに、東京、神奈川、千葉、茨城が20人を超えた。

北里大学の片山和彦教授(ウイルス感染制御学)は「06年や12年も変異型のウイルスが流行しており、子どもに続いて大人でも大規模な食中毒などが続発した。今冬も注意が必要で、手洗いの徹底など感染予防に努めてほしい」と話す。

厚労省は先週、全国の自治体などに改めて感染予防対策を促す通知を出した。

変異型は一般の検査キットでは確実に判定できない可能性があるという。このため厚労省は「ノロウイルスの可能性がある場合は、感染防止対策に努めてほしい」と呼びかけている。

Yahooニュース(ヨミドクター)2016年12月27日