東京都立川市で約900人にのぼる集団感染の報告がありました。
市内の7つの小学校で児童と教職員が症状を訴えています。

原因は調査中ですが、7校とも同じ給食センターが給食を提供しており、給食が原因との疑いが強いと見られています。
調査の同行が気になります。

 

給食原因の食中毒か 約900人に症状 東京 立川

17日以降、東京・立川市の7つの小学校の児童と教職員が相次いで食中毒と見られる症状を訴え、症状を訴えた人は合わせておよそ900人に上っています。保健所は学校給食が原因の集団食中毒の疑いがあると見て調べています。
17日の夕方以降、東京・立川市の7つの小学校に通う児童と教職員が相次いで、おう吐や腹痛などの食中毒と見られる症状を訴えました。市の教育委員会は日曜日の19日も職員が各学校と連絡を取り合い、同じような症状の児童や教職員がいないか情報収集などの対応に追われています。

教育委員会によりますと症状を訴えた人は19日正午までに児童839人、教職員58人の合わせて897人に上っているということです。入院した児童5人を含めて、重症者はいないということです。

7つの小学校には同じ給食センターで調理した給食が提供されていて、保健所は学校給食が原因の集団食中毒の疑いがあると見て、引き続き、残った給食や調理場の衛生状況などを調べています。

Yahooニュース(NHK)/2017年2月19日