インフルエンザの感染報告数が5週続けて前週を下回っており減少傾向は続いております。奈良県と和歌山県においては、終息レベルになっています。しかしながら、43の都道府県で警報レベルを超えている保健所があり、特に九州エリアでは、高い水準で推移しており、いまだ注意が必要です。

乾燥が続く、この時期は、インフルエンザなどの感染症に罹患しやすい環境です。湿度対策をしっかりとして、手洗い、マスクなど、自分でできることを継続していくことが重要です。

インフルエンザ 九州で警戒とけず 患者数74万人 感染研

国立感染症研究所は10日、直近の1週間で全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者数は、推計で約74万人に減少したと発表した。奈良県と和歌山県では、今季の流行が始まってから初めて注意報レベルを脱した。
2月27日~3月5日までの1週間に、全国5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者の数は6万7273人に減少し、1医療機関あたりでは13.55人となった。
医療機関あたりの患者数を都道府県別にみると、長崎県が最も多く21.39人、次いで石川県(20.96人)、沖縄県(20.43人)、佐賀県(20.33人)、福井県(19.66人)と、45都府県で前週よりも減少。
これに伴って、患者数が警報レベルを超えている保健所がある地域は43都道府県、注意報レベルは2県となり、奈良県と和歌山県では流行が終息した。
感染研によると、昨年9月以降、国内で発生したインフルエンザで医療機関を受診した患者の数は、推計で約1389万人にのぼる。

exciteニュース(ハザードラボ)2017年3月10日