冬の感染症のイメージが強いインフルエンザですが、
最近は暖かい春になってもインフルエンザが流行しています。

通常12月頃に流行が始まり、翌年1~3月にピークを迎えるインフルエンザが
5月上旬まで散発的に流行するシーズンが増えています。
シーズン前半に「A型」が流行し、後半に「B型」が増えてくるパターンです。
そのため、一年(1シーズン)に2回感染してしまう人も出てきています。

ゴールデンウィークは、人の移動が大変多く、人が集まる場所に行く機会も増えるため、
ピークが過ぎたとはいえ、感染が拡大するリスクが増えてしまいます。

最近は感染症のシーズンに関係なく、一年通じて、発生することも多くなっています。
「感染症は一年中起こるもの」と意識して、手洗い、うがいなどを継続して徹底していくことが重要です。

できることを当たり前のようにやる!
そして、継続する!

が予防策の重要な一つとなります。
意識を高く持つことが大切です。

 

学校閉鎖、球界にも感染者…「春インフル」流行続く

インフルエンザは、毎年、冬に大きな流行を繰り返しています。そのイメージが強いことから、「暖かくなってくれば、インフルエンザにかかる心配はない」と考えている方も多いと思います。ところが、埼玉県の高校で全校生徒966人のうち101人がインフルエンザの症状で欠席し、4月18日に学校閉鎖となったというニュースがありました。その1週間ほど前にも、有名な野球選手がインフルエンザにかかったということが話題となりました。そして、全国各地で散発的な流行が続いていることから、「春インフル」という言葉もみられるようになっています。

遅れて流行するB型
日本におけるインフルエンザの流行は、通常は毎年12月頃に始まって、 翌年の1~3月にピークを迎えます。また、前半は、A型のインフルエンザが中心となって流行し、後半には、B型が増える傾向があります。そして、インフル流行のピークを越えても、5月上旬頃までは地域ごとに散発的な流行を起こすというのが典型的なパターンとなっています。

したがって、「春インフル」というのは、決して珍しいことではないのです。インフルエンザが冬に流行しやすいのは、気温や湿度の低下が関与していると考えられています。しかし、B型が遅く流行する理由なども含めて、季節的な流行の原因が詳しくわかっているわけではありません。

沖縄では夏に流行
インフルエンザは、春だけでなく、夏にも発生することがあります。たとえば、2009年に世界的な大流行を起こした「新型インフルエンザ」は、夏頃には日本各地でも広がりはじめ、夏休み明けには全国的な流行となりました。しかし、このインフルエンザは、夏に流行する特別なウイルスだったわけではありません。その証拠に、この時に流行したウイルスは、翌年からは冬の流行を繰り返す普通のインフルエンザとなっています。

また、台湾や東南アジアなどの亜熱帯地域では、年間を通してインフルエンザの発生がみられています。つまり、インフルエンザは夏には発生しないというわけではないのです。

実は沖縄県でも、10年以上前から夏のインフルエンザ流行が起こるようになっています。その原因としては、亜熱帯地域からの旅行者の増加、エアコンによる室内の低温・乾燥、そして沖縄自体が亜熱帯化していることなどが指摘されています。しかし、旅行者の増加や、エアコンの使用は、沖縄に限ったことではありません。また、亜熱帯地域において、インフルエンザが通年性に発生する原因も明らかにはなっていないのです。

大型連休後に流行拡大も

 流行のピークは越えたとはいえ、まだインフルエンザは各地で散発的な集団発生を起こしています。ゴールデンウィークのような長期休暇は、学校や会社が休みになることで、感染症の流行を終息させるように働く可能性があります。しかしその一方で、全国各地への移動や大型イベントによって、地域の散発流行を拡大させることもあります。

また、海外旅行にも注意が必要です。年間を通じて発生している亜熱帯地域はもちろん、北半球の夏は南半球では冬に当たるため、そろそろインフルが発生しはじめる時期となります。このような地域への旅行者が、現地でインフルエンザにかかるかもしれないのです。

感染症は、1人の発症をきっかけに広がっていきます。みなさんも、インフルエンザの「残り火」をもらわないように、人混みに出かけた後の手洗いなどの日常的な対策を継続しておきましょう。

今村顕史 がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長
石川県出身。1992年、浜松医大卒。駒込病院で日々診療を続けながら、病院内だけでなく、東京都や国の感染症対策などにも従事している。日本エイズ学会理事などの様々な要職を務め、感染症に関する社会的な啓発活動も積極的に行っている。著書に『図解 知っておくべき感染症33』(東西社)、『知りたいことがここにある HIV感染症診療マネジメント』(医薬ジャーナル社)などがある。また、いろいろな流行感染症などの情報を公開している自身のFacebookページ「あれどこ感染症」も人気。