<「まるごと抗菌」導入事例>

抗菌・防臭・抗ウイルス対策を施し『感染ゼロ』を目指す、株式会社デルフィーノケア(本社:東京都目黒区、代表取締役:宮本 貴司)は、本格的に歯科業界にサービス提供を開始しました。
今回、オーダーメイド型医療、担当歯科衛生士制などで注目される、医療法人社団オーラルコミュニケーション くにたち旭通り歯科(東京都国立市)に、「まるごと抗菌」サービスを導入いただきました。

くにたち旭通り歯科様の特長

同院は、患者さんの歯を健康に保つための最適解として、

「治療(cure)から予防(care)への移行」

を提唱しておられます。
それを実現するべく、清水院長先生をはじめとする先生方が、医療先進国であるアメリカやスウェーデンなどに頻繁に赴きセミナー、研修を受講されるなど、日頃から知識レベルの向上や技術の研鑽に励んでおられます。また、「担当歯科衛生士制」を採用、患者さんごとに専任の衛生士さんがつき、患者さんにとっての最適な治療法をオーダーメイドで処置していきます。

 

「まるごと抗菌」採用のきっかけ

同院の大きな特長のひとつに、徹底した衛生管理があります。先端技術を用いた洗浄機や滅菌機の採用、滅菌できない器材を一切再利用しない方針を貫かれるなどの徹底ぶりです。そのことで通院される患者さんは、安心して治療・予防に専念することができます。

その徹底した「ヒトを護る姿勢」に、デルフィーノの「院内まるごと抗菌」によってスタッフ様や患者さんを護る発想を共感いただきました。

 

清水先生からのコメント

『「まるごと抗菌」の実施ありがとうございます。施工後、空気が澄んだように感じています(笑)当院は、患者さんもスタッフも安心して治療に専念できる環境を大事にしていますので、クリニックが抗菌されたことで一層安心していただけることを大変嬉しく思っています。キッズスペースやおトイレなど、院内では比較的菌の繁殖しやすい環境においても、使用前、使用後で各段に

清潔になりコーティングされたことがデータで示していただけたことで効果を実感できています。』

 ◆施工概要

企業・団体  医療法人社団オーラルコミュニケーション くにたち旭通り歯科様

実施目的   医院の感染症対策(接触感染予防)

実施内容   デルフィーノまるごと抗菌コーティング

 

◆◆◆ 感染症トピックス ◆◆◆

『体調を崩しやすい季節の変わり目に、「腸活」のススメ』
~腸内環境を整えることで「免疫力」がアップ。ガンや老化予防にも~

 

 

腸内には約1000種類、100兆個もの細菌が寄生しています。

腸内細菌は、人間が消化できない食物繊維やオリゴ糖などを餌にして繁殖。その過程で「短鎖脂肪酸」という体に有益な物質を産生しています。短鎖脂肪酸には「免疫力」を高めて病気を予防する効果や、老化やガンの原因物質を作り出す「悪玉菌」の増加を防ぐ効果があります。

短鎖脂肪酸は、「ビフィズス菌」や「乳酸菌」が中心となって、さまざまな細菌が複雑に働くことで産生されるため、「多様な細菌がバランス良く共生している状態」が、良い腸内環境です。

ビフィズス菌や乳酸菌には、腸内細菌の多様性を保つ働きもあり、腸内でそれらの菌を優勢な環境に整えることが「腸活」の目的です。方法は主に2つ。

(1) ビフィズス菌や乳酸菌が含まれた食物を食べる

…ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、漬物などに多く含まれています。菌を定着させるためには、毎日継続的に食べることが大切です。

(2) ビフィズス菌や乳酸菌の「栄養源」を食べる

…「オリゴ糖」や「食物繊維」が栄養源です。特に、水溶性食物繊維のイヌリンは、ビフィズス菌の好物。

<オリゴ糖が含まれている食品>

大豆、にんにく、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、アスパラガス、バナナなど

<イヌリンが含まれている食品>

大豆、にんにく、たまねぎ、ニラ、菊芋、ヤーコン、チコリなど

腸活で免疫力を高めることで、季節の変わり目を風邪知らずに乗り切っていきましょう!