インフルエンザの感染症情報

沖縄、栃木、北海道が流行入りしていますが、福井もまだまだ高いです。
群馬、埼玉も注視が必要です。

〔インフル〕定点あたり報告数0.84↑・1週間で約5万人

18日、国立感染症研究所は都道府県別のインフルエンザ定点当たり報告数を更新しました。今週の発表によると、45週(11月7日~11月13日)の全国インフルエンザ定点当たり報告数は0.84(先週比プラス0.3ポイント)で、全国の医療機関を受診した推計患者数は約5万人となりました。

県別では、38都道府県で報告数が増加。沖縄県(7.97)、栃木県(2.86)、北海道(1.92)の定点あたり報告数が高くなっています。流行入りレベルは7道県で、注意報・警報レベルの都道府県はありません。

インフルエンザの感染を防ぐために、せきが出る人はマスクをして、帰宅時や食事前に手洗いやアルコール消毒液で手を消毒しましょう。インフルエンザの重い症状を防ぐために、適切な食事や睡眠をとり、流行前にインフルエンザの予防接種を受けるようにしましょう。

2016年11月18日Yahoo!ニュース(レスキューナウニュース)より