空港でのまるごと抗菌による感染症対策導入事例

関西国際空港内のJAL国際線/国内線ラウンジ、貴賓室の全室でデルフィーノを導入。
お客様の接触機会が多いドアノブやテーブル、椅子、ドリンクサーバーなどは、念入りにまるごと抗菌しました。
ご担当者様より、「インフルエンザやノロウイルスなどの接触感染リスクを軽減し、より一層、安心・安全に全世界のお客様をお迎えすることができます」とのお声を頂戴しました。

貴賓室、JAL国際線/国内線ラウンジ施工中の写真

貴賓室をまるごと抗菌

サクララウンジをまるごと抗菌

サクララウンジをまるごと抗菌

ビュッフェをまるごと抗菌

施工証明書を設置頂きました

実施概要

企業・団体 株式会社Kスカイ
施設種別 空港内のラウンジ、貴賓室の全室
実施目的
  1. インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症対策
  2. ラウンジや貴賓室での接触感染による感染症予防
  3. 感染症対策を環境面で強化
対策内容 デルフィーノまるごと抗菌コーティング

*「まるごと抗菌」®とは
 デルフィーノによる施工の手法。
 非常細かい(3ミクロン)粒子でデルフィーノを噴霧できる専用の噴霧器を利用し、お部屋を閉め切って
   充満させる事で手に触れる箇所は全て隙間なくデルフィーノでコーティングし、接触感染を防ぐ仕組みです。