ノロウイルスが猛威をふるっています。

感染報告数は、昨シーズンのピーク時のほぼ2倍、
観測史上最も大流行した2012年シーズンのピークに迫る勢いです。

ノロウイルスは、
感染能力が非常に強いウイルスです。

病原性大腸菌が数億個というレベルで食中毒を引き起こすのに対し、
ノロウイルスは体内に数~数十個のウイルスが侵入するだけで発症します。

ノロウイルスの予防対策には
徹底的な正しい手洗いが有効です。

ノロウイルス患者数、昨季ピークの倍 12年流行に迫る

 

感染力が強く、下痢や嘔吐(おうと)をもたらすノロウイルスの猛威が続いている。国立感染症研究所が20日に発表した直近1週間(12月5~11日)の1医療機関あたりの患者報告数は19・45人で、昨季ピーク時のほぼ2倍に達した。大流行した2012年のピーク時(19・62人)に迫る水準となっている。

今季のウイルスは近年流行していなかったタイプで、免疫のない子どもがかかりやすく、小学校や幼稚園、保育所などで集団感染が相次いでいる。専門家は予防と感染拡大防止のため、こまめな手洗いと嘔吐(おうと)物の適切な処理を呼びかけている。

Yahooニュース(朝日新聞デジタル)2016年12月20日