抗菌・抗ウィルス・防カビ・消臭シリーズ

インフルエンザについて

  • HOME »
  • インフルエンザについて

インフルエンザの感染と流行を防ぐためには、感染経路や感染予防に関する正しい知識を一人一人が持ち、原因となるウイルスを体内に侵入させないことや、周囲にうつさないようにすることが重要です。こちらではインフルエンザに「かからない」ための予防策と、「うつさない」ための対策をご紹介します。

インフルエンザとは

インフルエンザの種類

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが体内に入り込むことによって起こります。人間に感染するインフルエンザウイルスは大きく分けてA型、B型、C型と呼ばれる3つの型があり、その年によって流行するウイルスが違います。これらのウイルスうち、A型とB型の感染力はとても強く、日本では毎年約1千万人、およそ10人に1人が感染しています。

A型インフルエンザ

A型は全世界的なインフルエンザの流行として話題になることが多く、ウイルスの形をどんどん変えて進化し続けるため、A型インフルエンザには100種類以上あると言われています。毎年感染の主体となっているのがこのA型です。別種の動物から発生したウイルスと結合し、より強い病原性を持つ新しいウイルスになることもあります。世界的に流行し、致死率の高さなどで非常に恐れられた「鳥インフルエンザ」や「豚インフルエンザ」なども、A型インフルエンザウイルスに含まれます。

B型インフルエンザ

A型と違って、人同士の間でしか感染しないのがB型インフルエンザです。一度感染したり、予防接種により抗体を作ると効果が長く続きます。そのためB型の感染が見られても、あまり範囲は広がっていかずに小さな範囲で収束してしまうことが多いです。A型インフルエンザのように、大きな流行を起こすことはあまりないと考えられています。

C型インフルエンザ

C型インフルエンザは、いったん免疫を獲得すると、終生その免疫が持続すると考えられています。インフルエンザにしては感染力も症状も軽いので「C型インフルエンザ」と呼ばれ、他の2つとは別の病タイプとして扱われることが多いそうです。

インフルエンザの恐ろしさ

インフルエンザウイルス感染においてもっとも注意すべきは、その感染力の強さと、肺炎や脳炎などを併発して重症化する場合があるということです。こどもの場合、インフルエンザによって急激に悪化する急性脳症が増加することがわかっており、研究が進められてはいますが、いまだに原因は不明です。

通常のインフルエンザの場合、健康で体力があればそれほどおそれることはありませんが、こと高齢者、持病のある人、乳幼児に関しては、しっかりとした予防策をとることが極めて重要なことになります。

インフルエンザの猛威(流行時期・患者数)

例年、12月中旬からインフルエンザA型が増え、2月の途中からインフルエンザB型が増えてくる傾向があります。1シーズンに2回感染することもまれにあります。例えば、1月にH3香港型(A型)にかかった人が2月3月にB型にかかることもありえます。

インフルエンザの流行レベルマップ[国立感染症研究所]

インフルエンザ過去10年間との比較グラフ[国立感染症研究所]

潜伏期間と感染期間

【潜伏期間】通常1~3日、潜伏期間も感染力有り
【感染期間】発症前日から発症後5日~7日、発症直前から発症3日程度までが特に感染力が強い

どうやって感染する?(感染経路)

インフルエンザはどのようにして人から人へうつっていくのでしょう?感染を防ぐためには、インフルエンザの感染経路をよく理解することが大切です。インフルエンザウイルスの感染経路は、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つがあります。

飛沫感染

インフルエンザは、インフルエンザに感染した人の咳・くしゃみ・会話で飛んだつば等の飛沫(ひまつ)と共に放出されたウイルスを、健康な人が喉や鼻から吸い込むことによって感染します。これを「飛沫感染」といいます。

飛沫は、咳やくしゃみによって1~2m飛ぶといわれています。ただし湿度が高いと、空気中の水分を含んで飛沫は1メートル以内に落下します。つまり低湿度だと、咳やくしゃみによって飛沫は遠くまで飛び、しかもウイルスが、空中に漂っている時間が長くなります。

接触感染

感染した人の咳・くしゃみ・鼻水などがついた手でドアノブやスイッチ、手すりなどに触れ、その後同じ箇所に別の人が触れることで間接的にウイルスに感染することをいいます。ある場所にウィルスを含んだ飛沫が付着し、その場所に健康な人が触れて、その手で鼻・口・目に触れることによって粘膜を通じてウィルスに感染していくのが接触感染です。

感染予防

インフルエンザから身を守るために

正しい手洗い

外出先から帰宅した際や、調理の前後や食事をする前などは、こまめに手洗いをするように心がけましょう。また石けんをつけることでウイルスなどを殺菌・消毒したり、洗い流す効果も高まるため、きちんと石けんをつけて正しい方法で手洗いをするようにしましょう。

【参考】『正しい手の洗い方』(政府広報オンラインを開く)

ふだんの健康管理

日ごろからバランスのよい食事と質の良い睡眠をとり、ストレスを解消するために趣味や運動を行なって体力や免疫力を高めておくことがインフルエンザを予防する上で重要な事です。身体の免疫力が落ちてしまうと身体がウイルスに抵抗できなくなってしまいます。

水分補給をこまめに行う

乾燥しているとのどや気道にインフルエンザウイルスが付着した時に繁殖しやすくなります。こまめに水分補給をして、侵入したウイルスを胃の方に送り込みましょう。粘液にくるまれた状態で胃に送り込まれたウイルスなどは、強力な胃酸で殺菌されてしまいます。

適切な温度、湿度を保つ

インフルエンザ予防には適度な湿度がとても大切です。空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。これはのどや鼻の粘膜の防御機能が低下するためで、外出時にはマスクを着用したり、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保つとよいでしょう。湿度が高いと、空気中の水分を含んだ飛沫は1メートル以内に落下します。逆に湿度が低いと飛沫が空気中を飛びやすくなります。

人ごみへの外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を抱えている人や、疲れ気味、睡眠不足の人は、人込みや繁華街への外出を控えたほうがよいでしょう。

感染したときの対処

インフルエンザかなと思ったら

早めに医療機関へ

インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いため、症状が急速に進行します。具合が悪くなったら、単なるかぜだと軽く考えずに、早めに医療機関を受診しましょう。インフルエンザは適切な治療を早期に開始することが重要です。

安静にする

インフルエンザにかかったら、体を温かくして安静にしましょう。動いて体力を消耗すると抗体が存分に活動できません。抗体の活躍を妨げないように安静にしておく必要があります。

水分補給

インフルエンザに感染したら、脱水症状や意識障害といった重い症状にならないに水分補給を充分に行いましょう。

薬は医師の指示に従って正しく服用


インフルエンザの治療に用いられる薬としては、抗インフルエンザウイルス薬があります。これは、医師がその必要性を判断して処方します。ひとりひとりの症状や体調によっても処方箋が異なり、正しい飲み方、飲んではいけない場合、副作用への注意などがありますので、医療機関、薬局などできちんと説明を受けてください。

他人にうつさないために

咳エチケット

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、咳エチケットを心がけましょう。具体的には、咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れるようにします。また、鼻みず・痰などを含んだティッシュはすぐに蓋付きのごみ箱に捨てられるように環境を整えておきましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

熱が下がっても、インフルエンザウイルスは体内に残っています。熱が下がった後も、インフルエンザウイルスの潜伏期間があるので、周囲の人への感染を防ぐためにも数日は学校や職場などに行かないようにしましょう。インフルエンザにかかった人が無理をして仕事や学校等へ行くと、急速に感染を広めてしまうことになります。

感染者も他の家族も正しいマスクの着用

マスクによって、感染者の唾液や鼻水が飛び散ることを防ぎます。また、ウイルスのついた手でうっかり自分の口や鼻を触ってしまうことも防げます。マスクの使用は説明書をよく読んで、正しく着用するようにしましょう。

感染者と家族の接触を避ける

「なるべく違う部屋で過ごしてもらう」「同じ部屋でも離れて寝る」など、感染者を別室に寝かせて他の家族との接触をできるだけ避け、感染の拡大を防ぎましょう。感染者が使用したティッシュには、鼻水や唾液と一緒にウイルスが含まれているため、ふた付きのごみ箱にいれるか、ビニール袋にいれて空気や他の人に触れないように密閉すると良いでしょう。

物の共用を避ける

お箸、スプーン、コップ等の食器はもちろん、トイレや洗面所のタオル等も共用はやめましょう。

共用部分をアルコール消毒

感染者は解熱後も感染力が有ります。ドアノブやトイレのスイッチ、テーブル、椅子、テレビのリモコンなど人が触れる部分を除菌・洗浄しておくと感染拡大の予防になります。

こまめに手洗い

くしゃみや咳などを押さえた手から、ドアノブなど周囲のものにウイルスを付着させたりしないために、インフルエンザに感染した人もこまめな手洗いを心がけましょう。

換気

最低でも1日1回、可能であれば2時間に1回くらいは換気をしましょう。空気の入口と出口を作り、風の通り道を作ってあげると効果的です。部屋の空気が乾燥しているほど、感染者の咳やくしゃみの飛沫(しぶき)から瞬時に水分が奪われ、飛沫核となりインフルエンザウイルスが空気中に浮遊しやすくなります。適度に部屋の換気を心がけ、室内に長時間ウイルスがとどまらないようにしましょう。

温度と湿度管理

湿度を上げれば、ウイルスが飛びづらくなりますし、のどや鼻の粘膜が保たれ、ウイルスに犯されづらくなります。気温が20℃以上、湿度が50%以上になると、急に感染力を失っていきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-4405-8130 Office hours 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © delfinocares Co.,Ltd. All Rights Reserved.