抗菌・抗ウィルス・防カビ・消臭シリーズ

抗菌・防臭性能

  • HOME »
  • 抗菌・防臭性能

抗菌・防臭性能を高めたデルフィーノのメカニズム

どのような技術によって抗菌性能・防臭性能と安全性を実現しているのかをご案内いたします

3種の触媒反応の組み合わせ

3種類の異なる触媒反応の長所を複合し、短所を改善した、複合による相乗効果で、より強い抗菌・防臭性能を獲得。
img_flow_05

光触媒(酸化チタン)

紫外線を受けて化学反応を促進する触媒です。ウイルス・菌を水と二酸化炭素に酸化・分解します。強力な酸化力が特徴です。

塩素の3倍、水酸化水素の2倍、オゾンの1.5倍の酸化力
用途:トイレ・外壁・建材など

抗菌触媒(Ag:銀)

古くから除菌・殺菌作用が知られている触媒。最近では消臭などでAg製品が主流になっていることは周知のとおりです。

650種類以上のウイルス・菌に有効(FDA)
用途:水野鮮度保持・銀食器・銀歯など

三元触媒(Pt:プラチナ)

還元作用があり、有毒な排ガスの浄化のための触媒として自動車マフラーに使用されています。

炭化水素を無害な水に、一酸化炭素を二酸化炭素に酸化して、クリーンなガスに変えて排出。
用途:自動車マフラー、医療用抗菌シーツなど

銀と光触媒の長所・短所

hyou_1
植物の光合成のように、光を当てると化学反応を起こす「光触媒」技術は、酸化チタン(光触媒)に光が当たると強力な活性酸素を生成し、有害な有機物などを無害な水と二酸化炭素に分解する効果を有していますが、光のないところでは効果を発揮できません。

そこで、光触媒の酸化チタンに銀とプラチナを配合させ、光のまったくない場所においてもその効果を発揮することを可能にしたのがデルフィーノです。

デルフィーノの技術

デルフィーノは酸化チタン・銀・プラチナの長所を複合し、短所を改善した、複合による相乗効果で、より強い抗菌・防臭性能を実現しています。

デルフィーノは非常に小さいサイズの銀メタル「Ag」と光触媒であるアナターゼ型酸化チタン「TiO2」が組み合わさって構成されています。

「銀+光触媒」構成イメージ図

image_1ナノサイズのアナターゼ型酸化チタンに、そのチタンよりもさらに小さいサイズの銀メタルを吸着させることで抗菌・解毒・防臭性能などの向上に相乗効果を発揮します。

光触媒、アナターゼ型酸化チタンの働きは太陽光を受けて光合成し、水、二酸化炭素を酸素・炭水化物にする植物とイメージが似ています。つまり紫外線(光)を受けて、細菌・悪臭などを『分解』し、無害な水・二酸化炭素へ変える働きをアナターゼ型酸化チタンは持っています。

光触媒の働きイメージ図

image_2酸化チタンの表面に光が当たると、有害な有機物などを無害な「水」と「二酸化炭素」に分解します。細菌などの有機物を分解するメカニズムは下記の図にあるように、活性酸素によって、有機物を水や二酸化炭素へ分解します。活性酸素は人の体内でも様々な働きをする事が知られていますが、体内に入った細菌を白血球やマクロファージが細菌を分解する際にも活性酸素を活用しています。

分解イメージ図

image_3このように活性酸素によって有機物は水や二酸化炭素などに分解されます。

デルフィーノ「4つの機能」についてはこちら

抗菌・防臭性能の各種検証データ

抗菌性能データ

細菌

hyou_2

結核菌

spray_graph3

防臭性能データ

アセトアルデヒド

seinou_1

腐敗臭

seinou_2

たばこ臭

seinou_3

糞尿臭

seinou_4

お気軽にお問い合わせください TEL 03-4405-8130 Office hours 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © delfinocares Co.,Ltd. All Rights Reserved.