感染予防のレクチャー

学級閉鎖ゼロへ!京都の小学校で「手洗い教室」を実施

大山崎小学校1・3年生の210名の子どもたちに「手洗い教室」を実施!

抗菌・防臭・抗ウイルス対策で『感染ゼロ』を目指す株式会社デルフィーノケア(本社:東京都目黒区、代表取締役:宮本 貴司)は、2018年1月、大山崎町立大山崎小学校にて「手洗い教室」を実施いたしました。

「手洗い教室」の実施について

全国的に季節性インフルエンザやノロウイルスが流行する冬のシーズンは、小学校低学年を中心に学級閉鎖になるケースは少なくありません。学級閉鎖は、学習の進捗が滞るだけでなく、各ご家庭の生活にも大きな影響を与えます。

感染症対策としていちばん身近な「手洗い」は、正しい知識と習慣を児童の皆さんが身に着けることによって、大きな効果を発揮します。そのため、楽しみながら正しい習慣を学んでもらうため、2018年1月11日・12日、学校長や教頭先生、担任の先生、乙訓食品衛生協会の皆様のご協力のもと「手洗い教室」を実施するに至りました。

「手洗い教室」の様子

「『自分の手はキレイだ!』と思うひとはいますか?」

と問いかけると、

「手に何も付いてないからキレイだと思う!」
「休み時間にサッカーしてたから汚いと思う!」

など、児童の皆さんからはいろいろな返答が。

「感染症クイズ大会」も非常に盛り上がりました。

「へ〜知らなかった!」
「インフルエンザウイルスって、8時間生き続けらるの!?」

などなど、新しい発見に驚きの声がたくさん。

実際に、皆さんに手洗いを実施してもらいました。

手洗いチェック用のクリームを手に塗り込んだあと、”ハッピーバースデートゥユー♪”と声に出して歌いながらしっかり30秒間手洗いをします♪

(※この曲を2回歌うと、ちょうど30秒くらいなのです)

手を拭いたあと、ブラックライトで照らしてみると…

指や爪の間、手首などの違いはありますが、ほとんどの児童に汚れが残っていることが分かりました。これには、

「しっかり洗ったと思ったのに、意外と落ちてない!」

という驚きの声があちらこちらから上がりました。

ひととおりのメニューを終え、児童の皆さんに、

「手洗いは大事だと思った人?」

と質問すると、

「はい!」

と、大きな声で、元気よく全員の手が挙がりました。

《手洗い指導の感想》*画像をクリックすると拡大表示されます

>資料請求やお問合せ 24時間受付中!

資料請求やお問合せ 24時間受付中!

デルフィーノ関連製品や、オフィスまるごと抗菌サービスに関するお問合せがございましたら、お問合せフォームからご遠慮なくお問合せください。担当部署からご連絡をさせて頂きます。

CTR IMG