溶連菌感染症で寝込む子供のイメージで画像です。

その症状、本当にかぜですか?放っておくと手遅れになるかも…

お茶を飲んで温まっている女性のイメージ画像です。

令和初の年末年始休暇が明けましたね。
9連休だったかたも多いようですが、皆様いかがお過ごしでしたか?

長期休暇明け、通常モードに戻していくのはなかなか大変なもの。
ましてや気温の低いこの時期は身体への負荷も大きいといえます。
例年より暖かい地域が多いとはいうものの、
寒いものは寒い!
というのが本音というものですよね(笑)

さて、そんなこの時期の感染症の代表的なものといえば、

インフルエンザ!

ですよね。もちろん注意すべき筆頭格の怖い感染症のひとつです。
しかし、今月号のDELMAGAでは、

「その陰でじわじわ報告数を増やす感染症の存在」

について採り上げていきたいと思います。

監修の防衛医大の加来教授のご紹介

報告数を増やす感染症とは…

近年、その報告数を伸ばしている感染症とは、

溶連菌(ヨウレンキン)感染症

です。
ヨウレンキン…変な名前の菌ですが、「溶血性連鎖球菌」の略語です。さらに分かりにくいですね…。一応ご説明すると、

「鎖状に連なった球菌(連鎖球菌:Streptococcus)のなかで、血液寒天培地で培養した時にその培地に含まれる赤血球を溶かす(溶血)毒素を出す菌」

を言います。そのなかでヒトに病気を起こす菌の90%以上がA群(Group A)に分類されます。したがって、A群連鎖球菌を、

GAS(Group A Streptococcus pyogene)

と呼びます。もう絶望的難易度ですね(笑)
一旦、ヨウレンキンとだけインプットください!

さて、この「溶連菌」。
近年の「迅速診断キット」の普及などで診断技術が向上したことによる可能性もありますが、前述のように報告数が増加傾向にあります。
また、その強い感染力から、インフルエンザ同様、登園や登校が停止となる病気。しかし、その症状がかぜと似ているため、医療機関での受診につがなりにくいといえます。

溶連菌は、とてもまれですが、急速に重症化する侵襲性溶連菌感染症という病態もあります。一時期メディアで、「人食いバクテリア」として紹介されたこともありました。また合併症の可能性があります。

その辛い喉の痛み、ひょっとして、ただのかぜではなく溶連菌ではありませんか?

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症とは、溶血性連鎖球菌という細菌が原因で起こる病気を総称して「溶連菌感染症」といいます。
まずは、その概要について以下の表1にまとめましたのでご参照ください。

溶連菌感染症の概要を一覧で紹介しています。

以下の画像が苺舌です。発症した初期は、白い苔に覆われた白色舌となり、その後、白い苔が剥がれ、苺舌になります。

苺舌の症状を、NIID 国立感染症研究所のWebサイトから引用して例示しています。

画像1(引用:NIID 国立感染症研究所 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは)

溶連菌感染症は、

学童期の子どもがいちばん発症しやすい

ことはデータが示していますが、幼児や成人であっても発症することがあるので安心はできません。また、繰り返しかかる点も注意が必要なポイントです。
合併症には、以下のものが挙げられます。

溶連菌感染症で注意したい重症型と合併症を一覧でご紹介しています。

また、溶連菌が重症化すると、全身に発疹が広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」に移行する場合もあります(画像2参照)。

溶連菌が重症化し「猩紅熱(しょうこうねつ)」に移行した事例を、国立感染症研究所のWebサイトから画像を引用し紹介しています。

画像2(引用:NIID 国立感染症研究所 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは)

猩紅熱に移行すると、頬、わきの下、太ももの内側、お尻に発疹が出現、その後、全身に皮膚症状が広がっていきます。全身に広がる際は、多数の発疹が密着した状態になるため、皮膚が赤くなったように見えます。唇の周囲には発疹が少ないため、口の回りだけ青白く見えるのが特徴です。発疹はわずかにかゆみも伴います。
回復期になると、腰やお尻の部分の発疹は魚のうろこのような白片状に、手のひらや足の裏の発疹は膜状になり、皮がむけていきます。

このように、溶連菌は放っておくと、合併症や重症化のリスクがあるのです。

溶連菌と普通のかぜの見極め方は?

それにも関わらず、溶連菌が見過ごされてしまうのは、幼児や成人が発症した場合は典型的な症状が見られないため、医療機関の受診につながりにくいからです。
その結果、適切な治療が行われず、再発や合併症のリスクがあるのが溶連菌の恐ろしさです。

では、溶連菌と普通のかぜを、見極めるポイントはあるのでしょうか?

 ・
 ・
 ・

あります!
もっとも特徴的なのは、

溶連菌の発症時には、鼻水や咳症状はほとんど見られません。

鼻水や咳症状がないのに喉が痛い場合は溶連菌を疑い、早めに医療機関を受診することをおススメします。ただし、小さなお子さんの場合、そもそも冬場は鼻水や咳症状を発症しやすく、既に症状が出ている状態で溶連菌に感染することがあります。そのため、一概に「鼻水や咳症状があるから溶連菌ではない」とは言い切れません。いちばんは、「溶連菌流行中にかぜ症状が見られたら、医療機関で受診!」です。

溶連菌の検査では、一般に「迅速診断キット」と呼ばれる器具が使用されます。
綿棒で喉の菌をこすり取り、専用の溶液を用いて判定します。結果は5~10分程度でわかるため、面倒くさがらずにぜひ検査してみてください。

受信の前に、ひとつ注意点があります。

「以前処方してもらった抗生物質などを勝手に飲んでしまわない」

ことです。
正しい検査結果が出ないことがあるためです。

そもそも抗生物質は医師の適切な指導の下、処方されたときに飲み切るのが原則。自己判断で過去に処方されたものを服用しないようにしましょう。

溶連菌感染症には特効薬がある!

かぜには特効薬がない、と言われますが、溶連菌には特効薬となる「抗生物質」が存在します。

適切な抗生物質を服用すれば、1~2日後には解熱し、喉の痛みも消失していきます(抗生物質服用後、2日以上経っても熱が下がらないときは、必ず再受診するようにしてください。また、症状が回復しても、完全に菌を退治するためには5~10日間は抗生物質を飲み続ける必要があります)。

さらに、服用終了後の2~3週間後には尿検査を行い、合併症である腎炎を発症していないか確かめることも推奨されています。尿検査の結果、問題がなければ、溶連菌の治療が完了です。
溶連菌の治療経過は、以下の表3の通りです。

溶連菌感染症の治療の経過をカンタンな時系列の表を用いて紹介しています。

表3にあるように、溶連菌の感染力は、発症後の急性期が最も強いとされていますが、抗生物質を服用してから24時間以上経てば感染力が弱まります。文部科学省の出席停止基準では「適正な抗菌剤治療開始後24時間を経て全身状態が良ければ登校可能」とされていますが、地域によって対応が異なるためご注意ください。

かぜに、特効薬がないのはなぜ?
かぜの原因は80~90% が「ウイルス」。抗生物質は細菌を殺す薬であり、ウイルスにはほとんど効き目がありません。そのため、かぜにはほぼ効果がないのです。かぜの原因となるウイルスは200種類以上ともいわれ、それぞれのウイルスにぴったりの抗ウイルス薬を作るのは、とても難しいことだとされています。そもそも200種類以上のウイルスの中から、病原となったウイルスを特定すること自体が難題です。
以上の理由から、かぜには特効薬がなく、薬が処方されたとしても鼻水や咳を和らげるための対処療法となります。

溶連菌を予防するためには?

溶連菌の感染率は、子どもが感染した場合の兄弟間が最も高確率で、25%という報告があります。また、学校などの集団生活を送る場でも注意が必要です。感染経路は、飛沫感染と接触感染によります。
予防方法は、

・罹患者との濃厚接触をさける
・うがい、手洗い
・マスクの着用

といった一般的な感染症対策が基本です。

繰り返しになりますが、溶連菌は、ただのかぜと見過ごされやすい感染症です。

発熱や苺舌といった典型的な症状が見られなくても、喉の痛みが続くときは迷わず医療機関へ!

参考URL

NIKKEI STYLE「本物の風邪は受診の必要なし まず3症状をチェック」

病院なび「溶連菌感染症 : 喉の痛み、発熱、舌・身体への発疹

佐賀医療センター好生館「第35回 冬季に流行する感染症」

公益財団法人日本学校保健会「学校感染症と出席停止の基準」

ママスタセレクト「【体験レポート】風邪かと思ったら「溶連菌感染症」!感染したら気をつけるべきポイントは?」

感染症予防接種ナビ「溶連菌感染症 患者数増加 今後の流行拡大に注意」

東京都感染情報センター「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎」

社会福祉法人恩賜財団済生会「症状別病気解説」

MSDマニュアル「リウマチ熱」

日本医事新報社「(4)意外と知らない溶連菌感染後腎炎[特集:文献を紐解く 溶連菌のこんな話題]」

東京都感染情報センター「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎」

愛媛生協病院「溶連菌感染症」

国立感染症研究所「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは」

わしお耳鼻咽頭科「大人もかかる溶連菌の症状・検査・治療について」

とまこまいこどもクリニック通信「溶連菌感染症にご用心!」

練馬区医師会「溶連菌感染症ってなに?」

大日本住友製薬「薬が作用する仕組みvol.3」

>資料請求やお問合せ 24時間受付中!

資料請求やお問合せ 24時間受付中!

デルフィーノ関連製品や、オフィスまるごと抗菌サービスに関するお問合せがございましたら、お問合せフォームからご遠慮なくお問合せください。担当部署からご連絡をさせて頂きます。

CTR IMG