デルフィーノケアでは、「ベビーシャワーをするのでおむつケーキとマスクケーキを作りたい」というご相談を受けたことがあります。そもそも、「ベビーシャワーって何?」と思った方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アメリカ発祥の「ベビーシャワー」について、まだご存じない方のために、日本で行われているべビーシャワーの傾向と合わせてご紹介してみたいと思います。

ベビーシャワーとは

ベビーシャワーのイメージ

ベビーシャワー(Baby shower)とは、「これから生まれてくる赤ちゃんと妊婦さんを主役に、仲良しの友人や家族でお祝い」することをいいます。シャワーのように降り注ぐ愛情でお祝いするという意味があります。

アメリカ合衆国が発祥とされており、もともとは初めての出産を控える妊婦のために、女性だけが招待されていたと言われています。主役である妊婦に母親になるための心得を伝授するなど、女性同志で楽しむ習慣でしたが、昨今は男性や子供も参加し、二人目三人目の出産時にも行うことが増えてきました。

日本では赤ちゃんが生まれた後に、出産祝いを贈るのが一般的ですが、アメリカなどでは出産前のベビーシャワーでプレゼントを贈るようです。事前に妊婦さんに希望を聞いておき、ベビーシャワーの場でプレゼントしておけば、出産後すぐに使えるので便利ですね。ベビーシャワーで必要なものがほとんど揃ってしまうこともあるのだとか。

日本でもモデルや芸能人がインスタグラムでアップしたことから、世間的に有名になりました。
最近ではスザンヌさん、菅野美穂さん、山田優さん、ぺこ&りゅうちぇるさんなど、多くの芸能人が安産祈願のパーティー“ベビーシャワー”が開催されたことをSNS上で報告しています。

出産を控えた妊婦さんと、これから生まれる新しい命を盛大にお祝いしようというパーティーとして、日本でも開催報告が増えています。

 いつごろやったらいいの?

目安としては、妊婦さんが安定期に入る妊娠8ヶ月頃に設定します。所要時間は2~3時間ほどと考え、妊婦さんの体調を第一に考えます。お昼のパーティが主流ですが、妊婦さんが働いている場合は終業後の夜のパーティも人気のようです。妊婦さんの体に負担のないよう、早めに日程を決めておきましょう。

 誰が主催する?

一般的には、家族や友人など妊婦に近い立場の人間が主催することが多いようです。アメリカでは結婚式のように妊婦本人も企画から参加するケースがありますが、日本ではサプライズ的に妊婦の周囲が企画して開催するパーティーも人気です。

 人数・参加者

周りの友人達を誘って3~4名の女子会程度の人数から、100名を超える結婚式並みのパーティまで様々です。 もともとは女子だけ、大人だけのパーティだったと言われていますが、現在はアメリカでも産休に入る前に会社で行ったり、パートナー・子供を含めたファミリー仲間でやることも一般的です。アメリカでは友人仲間の他、両家のファミリーを呼んでベビーシャワーというのも主流となっています。

 どこでやるの?

ベビーシャワーの場所は、参加人数や規模に合わせて決めるとよいでしょう。人数が少なければ妊婦さんの自宅で、あるいは近所のレストランやカフェを貸し切ったり個室を予約したりしてもいいでしょう。レストランによってはベビーシャワー専用のプランを用意しているところもあります。

 ベビーシャワーは何をするの

基本的にはバースデーパーティのようにみんなで食事を囲んで語らい、ワイワイ楽しい時間を過ごせればOK!アメリカではゲームをしたりして日本の結婚式の二次会のように幹事さんが余興を考えたりして楽しまれています。

スペースの一角に軽食やスイーツとともにダイパーケーキを飾るテーブルを用意し、出産・赤ちゃんにまつわるゲームを催したり、出産後に重宝するアイテムをプレゼントするなど、バースデーパーティーのようなスタイルが一般的です。

特に出産が初めての妊婦さんにはみんなからの安産祈願メッセージや応援の気持ちを伝えることで、妊婦さんの不安な気持ちを軽減し、勇気づけることができるでしょう。先輩ママからのアドバイスなども妊婦さんにとっては貴重な時間になりますね。難しく考えず、妊婦さんの安産を願って、みんなで楽しい時間を過ごしましょう。

 準備と流れ

  1. 招待状を送る(主催者→ゲストへ)
  2. 会場を装飾する(主催者)
  3. お茶や食事を楽しむ(参加者全員)
  4. 妊婦さんにプレゼントを渡す(主催者orゲスト→妊婦へ)
  5. ゲストにサンクスカードを送る(主催者→ゲストへ)

 妊婦さんへのプレゼントは何が良い?

忘れてならないのが妊婦さんへのプレゼント。メインのおむつケーキの他にもおもちゃ、ベビー服、ベビーの食器など赤ちゃんに必要なものがほとんどです。妊娠8ヶ月というと性別がわかっている可能性があるので、差し支えなければ事前に確認してからプレゼントを選ぶとよいでしょう。

基本的には妊婦さんから要望のあるプレゼントを用意するのが間違いありません。また、妊婦さんが主催の場合は自分たちの欲しいものを既に招待状に書いてある場合もあるそうなので要チェックです。

おむつケーキ(ダイパーケーキ)とは

ベビーシャワーでは、紙おむつで作ったケーキ=diaper cake(ダイパーケーキ)を用意するのがポイントです。色やデザイン、キャラクターなど様々な種類があるので、赤ちゃんの性別や妊婦さんが好きな色で合わせるなど、インターネットで検索すればきっと素敵なおつむケーキが見つかるはずです。

通販サイトなどで購入するほか、手作りする方もいます。準備の段階から楽しめるのもベビーシャワーの魅力です。

マスクケーキとは

マスクケーキセット

デルフィーノケアでは、「働くママを感染から守りたい」という理念のもと、妊婦や働くママに寄り添った商品開発をしております。妊娠中で薬が飲めない妊婦や体調を崩せない働くママ用に、高い抗菌性を実現させたママ向けのマスクを開発しました。

当社調べによると、妊婦になると感染症対策としてはもちろん、臭いつわりの対策として、マスクの着用機会が妊娠前に比べ増加することが分かりました。(当社調べ:妊娠中マスクの着用が増えたと実感するママ、76.9%)

そこで、安産祈願の「妊娠祝い」としてプレゼントできる、マスクを使用した「マスクケーキ」を作成しました。マスクケーキの考案にあたっては、近年SNS等で話題になっている「ベビーシャワー」の普及活動を行っている一般社団法人BABYSHOWER JAPANとコラボレーションしました。

「マスクケーキ」は、ベビーシャワーパーティーのアイテムとしてはもちろん、「妊娠祝い」用に身近な妊婦へのギフトとして気軽に活用してもらえたらと思いを込めております。

これから生まれてくるベビーのために

新しい命の誕生、そしてその妊婦さんをお祝いすることはすばらしいですね。お祝いすることで仲間同士の絆が深まり、妊婦さんの不安やストレスを解消する効果もあります。

ベビーシャワー特有の準備はありますが、楽しくお祝いすることが大切であって、ささやかなものでもお祝いされた方は大変うれしいものです。是非、皆さんも企画してみてください!